もっと知りたい
かっぱの家の保育とは

    ☆親と保育者の共同運営

かっぱの家は、もともと親がつくった保育所です。親は、替わっていくので、どうしても保育者中心になってしまいますが、話し合いを大事にし、重要なことは、月に一回の全体会議で決定します。


    ☆親と保育者の共同運営

親と保育者が、預ける、預かるという関係ではなく、一緒に子育てをしていく大家族のような保育所です。子どもの個性も、親の個性も、保育者の個性も、お互い認め合い、まるごとの付き合いを大切にしています。ですから、保育者のことを先生とは呼びません。親と保育者が協力しあって行う行事も多く、また都合のつくときは、親も一緒に散歩に行く等保育に参加してもらいます。個人の連絡帳も大切にしていて親と保育者の交換日記のようになっています。また、親同士も、色々な場面でお互い協力しあっています。


    ☆地域のなかの保育所

かっぱの家は、中道商店街の中のちいさな保育所です。1979年からこのかっぱの家は、中道商店街の中のちいさな保育所です。1979年からこの地域で保育をしてきて、今や、中道では古株になりましたが、まわりの商店のおじちゃん、おばちゃんや、近所の方々に育てられたといっても過言ではありません。子ども達のことも、私達のことも、やさしく、厳しく、愛情もって、見守ってくれているありがたい存在です。そういう地域の方々とのつながりを大切にしています。


    ☆いっぱい歩きます

かっぱの家には、園庭と言えるものは、ありません。そのかわりほとんど毎日外にでかけます。井の頭公園をはじめ吉祥寺中が、私達の庭です。大きい子は、三鷹、練馬、武蔵境までも歩いていきます。とにかくかっぱの子はよく歩きます。時には、バスや電車に乗って、もっと遠くまでもでかけます。

    ☆ガリ

ん?ガリ?これは、いまはもう卒園したれんくんが、散歩の途中に、よく野草や木の実を採ってくるので、〝かっぱは、ガリがすきだね"と、おかあさんに言ったそうです。〝え、ガリ?〟と聞くと〝ほら、いちごがりとかぶどうがりとか〟ということで、それから〝ガリ〟になったのですが、こんな街中にも食べられる野草、木の実が、けっこうあるのですよ。とちの実、どんぐり、くわの実、のびる、つくし、よもぎ、いろいろ採集して味わっています。アゲハの幼虫やザリガニもとってきて、飼っています。


    ☆どろんこ大好き

どろんこ遊びは、子どもの大切な文化です。土や水や草や木、自然は、子どもの五感にささやきかけ、こころを育ててくれます。いっぱい、おもいっきりふれさせてあげたいと思っています。何より、みんなどろんこ遊び、水遊びが、大好きです。


    ☆安全でおいしいごはん

かっぱの家は、ごはんが自慢です。できるだけ無農薬、無添加の食材を使用して、すべて手作りします。メニューは、和食中心で、七分づき米に様々な雑穀が、入っています。素朴でやさしい味がします。勿論、おやつも手作りです。アレルギーの子には、それぞれに対応した食材を使用します。